au系格安sim(MVNO)

au系の最安格安simはコレ!用途別の最安も紹介

以前は携帯・スマホといえば、audocomoSoftbankなどの大手キャリアが一般的でした。

しかし、最近ではそれらの回線を借りて、利用者に提供する格安simが注目を浴びています。

この格安sim、一番の売りが名前の通りその安さにあるんです。

しかし、どの会社が安いかよく分からないし、そもそも携帯料金ってややこしくてよく分からない。

そんな皆さんに詳しくお話していけたらいいなと思います。

では早速、格安simの安さに焦点を当てて、格安simの中でも最安なものを紹介していきます!

【とにかく安く】au系の格安simの最安はコレ!

ところで、皆さんは何故格安simに興味を持ったのでしょうか?

なんて聞くまでもないことですが、おそらく『安さ』に惹かれた方がほとんどだと思います。

では、なぜその『安さ』を求めるのでしょう…

『子供に持たせるためのスマホだから』
『最低限使えるなら、できるだけ安いものが良い』

そこまで機能にこだわりは無いけど、とにかく安いものを欲しい皆さんへ。

通信料・通話料を度外視して、とにかく安い格安simを紹介していきますね。

それぞれの格安simの最安プランを見てみよう

それではまず、主要格安simの最安プランを見ていきます。

それでは早速見ていきましょう。

  最安プラン データ容量 音声通話
UQmobile 980 3GB ×
Mineo 700 500MB ×
BIGLOBE
モバイル
900 ×
IIJmio 900 3GB ×
イオン
モバイル
480 1GB ×
楽天
モバイル
525 上限なし
(低速通信)
×

このような結果となりました。

最安価格でスマホを使えるのは、イオンモバイルということになりますね。

イオンモバイルは、最安プランだけでなくその他の容量が多いプランでも、相場より安い価格で購入できます。

使いやすさ、サービスを求めないのであれば、最安au系格安simであると言えるでしょう。

ここで、機能についての疑問もあるかと思いますが、

以上のプランでは、通常の電話はできませんが、LINEなどの無料通話はできます。

そのため、小学生や中学生のお子さんに持たせたいと思っている人であれば、この最安プランで充分です!

次に、この最安プランを使った仮定して、契約時にかかる手数料を見てみましょう。

最低限必要な費用などを見てみよう

まず、絶対に必要となってくるのは、初期費用です。

UQmobileMineoBIGLOBEモバイル、IIJmio、イオンモバイル】

では初期費用が3,000円。

楽天モバイルだけが、3,394円となりました。

それに加えて、auからのMNP転出の手数料が3,000円かかります。

そのため、契約した最初の月は、プランの価格に追加して6000円ほど必要ですね。

乗り換えにかかる費用を含めた最安の格安simはコレ!

乗り換えにかかる全ての費用を考えても、イオンモバイルが最も安いという結果になりました。

さらに、イオンモバイルは取り扱い端末が充実していて、安い端末もあれば、そこそこの価格の端末もあります。

「月々の価格を安くてもいいから、機種は良いの選ばせて!」なんていう、お子さんからの駆け引きにもドンっと構えていられますよ!

そんなイオンモバイルは『お子さんに持たせるスマホをau系格安simにしたい人』におすすめです。

続いて、

  • 「スマホは安く使いたいけど、ある程度使えるものが良い」、
  • 「自分の用途で最安の格安simを知りたい」

そんな人に向けた、プラン別・用途別の最安格安simを紹介していきます!

【プラン・用途別】au系の格安simの最安はコレ!

au系の格安simを最安で使いたいけど、先ほど紹介した内容だと自分の使い方には合わない。

そんな人が多いんじゃないでしょうか?

そこでそれぞれの格安simのプランや、皆さんの使い方に応じた最安格安simを紹介していきます!

ではまずはプラン別に最安の格安simを見ていきましょう。

au系の格安simの各プランの価格を見てみよう

au系の格安simは大きく分けて下記の2つに分類できます。

  • データ通信専用プラン
  • 音声通話対応プラン

この2つを各格安simに分けてみていきましょう。

UQmobile

【データ通信専用プラン】

GB980 無制限:1,980

【音声通話対応プラン】

GB1,680 無制限:2,680

UQmobileは以上に各2通りのプランしかありません。

さらに、この無制限プランは低速通信しかできないので、動画やゲームをしないという人しか使うことができないですね。

他の選択肢も3GBと容量が少ないのですが、UQmobileSNSなどは自由に使えるんです!

そのわけは、UQmobile にはSNSではデータ通信料消費しないというサービスがあるからです。

そのため、LINEInstagramTwitterFacebookなどを主に使うのであれば、満足して使うことができますよ!

mineo

【データ通信専用プラン】

500MB700 10 GB2,520
1GB800 20GB3,980
3 GB900 30GB5,900
6 GB1,580  

【音声通話対応プラン】

500MB1,310 10 GB3,130
1GB1,410 20GB4,590
3 GB1,510 30GB6,510
6 GB2,190  

Mineoは以上の各4つずつのプランを提供しています。

データ通信をあまり使わない人から、しっかり使う人まで多くの要望に応えられる格安simですね。

さらに、mineoには『フリータンク』という面白いサービスがあるんです。

後程詳しく紹介するのでお楽しみに!

BIGLOBEモバイル

【データ通信専用プラン】

3GB1,020 20GB4,620
6GB1,570 30GB6,870
12GB2,820  

【音声通話対応プラン】

1GB1,400 12GB3,400
3GB1,600 20GB5,200
6GB2,190 30GB7,450

BIGLOBEモバイルは以上の各5種類ずつをプランで展開しています。

BIGLOBEモバイルはデータ通信をよく使う人向けに最大30GBまでのプランがあるんですね。

さらに、BIGLOBEモバイルにはエンタメフリー・オプションというサービスがあります。

これは『データsim利用で月々980円』、『音声通話対応sim利用で480円』で使用でき、
YouTubeGoogle play MusicApple MusicAbemaTVU-NEXTSpotifyradeiko.jpAmazon Music』などの使用時はデータを消費しないんです!

このようなサービスがあれば、わざわざ高い30GBを契約しなくてもお得にネットを楽しめますね。

IIJmio

【データ通信専用プラン】

3GB900 6GB1,520
10GB2,560  

【音声通話対応プラン】

3GB1,600 6GB2,220
10GB3,260  

IIJmioはこのような各3つずつのプランで使用できます。

まずはデータ通信専用プランの価格表はこちら。

以上のように様々なプランを提供しているため、皆さんの希望沿って使うことができますね!

イオンモバイル

【データ通信専用プラン】

1GB480 12GB2,680
2GB780 20GB3,980
4GB980 30GB5,380
6GB1,480 40GB7,480
8GB1,980 50GB10,300

【音声通話対応プラン】

500MB1,130 12GB3,280
1GB1,280 20GB4,680
2GB1,380 30GB6,080
4GB1,580 40GB7,980
6GB1,980 50GB10,800
8GB2,680  

格安simの中でも最安で使えるイオンモバイルですが、50GBという大容量のプランもあるんですね。

さらに、最大5枚のsimカードでデータを共有するシェア音声プランがあるので、家族や複数持ちする人におすすめのプランもあります。

しかし、かけ放題が充実していないため、音声通話を頻繁に利用する人は注意が必要です。

LINESkypeなどの無料通話の方がよく使うのであればさほど気にしなくてもいいでしょう。

楽天モバイル

【データ通信専用プラン】

3GB1,020 20GB4,170
5GB1,570 30GB5,520
10GB2,380  

【音声通話対応プラン】

3GB1,600 20GB4,750
5GB2,150 30GB6,150
10GB2,960  

楽天モバイルはこのような各5種類のプランを提供しています。

楽天モバイルは楽天会員には大きな割引やサービスがあるので、楽天会員の方は第一候補として考えてもいいでしょう。

さらに、スーパーホーダイという月額1,480円~のかけ放題プランもあるので、頻繁に電話をかけるという人でも安心して使えますよ。

価格も他の格安simに比べて安いものも多いので、最安でスマホを使いたい人にはおすすめです。

用途別!最安au系の格安simはどれ?

続いて、用途別に最安で使えるau系の格安simを見ていきますが、それぞれの格安simには先ほど紹介した価格の他にも料金プランがあります。

そして、ここで紹介するのは実用性を考えて、音声通話対応プランを申し込む前提でお話させていただきます。

それでは以上を踏まえたうえで、au系格安simの最安を見ていきましょう。

YouTubeが好きなお子さんのために

YouTubeが好きなお子さんのために買いたい人は、

BIGLOBEモバイル(エンタメフリー・オプション付き)

最近のネットの使い方としては、動画やドラマを見たり、音楽を聴いたり、又はSNSを見てみたりすることが多いです。

中でも、最近の小中高生にはYouTubeが大人気ですよね?

お子さんからYouTuberの話をされても分からないなんて人も中にはいるかもしれませんね()

そんなYouTubeをずっと見ていては、一万円近くする50GBのデータ容量があっても足りないです。

そんなときに、BIGLOBEモバイルのエンタメフリー・オプションを使えば、月々のスマホ料金が非常にお得になります。

エンタメフリー・オプションは、月々480or980円でYouTubeをはじめとしたエンタメ系のアプリではデータを消費しないんです!

毎月1,000円にも満たない価格で、お子さんのYouTube視聴欲を満たしてくれるBIGLOBEモバイル。

これを使わないなんてほんとに損ですね…。

YouTube好きなお子さんが家族みんなのデータ容量を食い尽くす前に、
BIGLOBE
モバイルのエンタメフリー・オプションを使って、家族のデータ容量を守りましょう!

お子さんの連絡手段として格安simを買いたい人

「子どものスマホは連絡手段!ゲームや動画は見させない!」

という方も多いかと思います。

だからといって1GBなどで契約しては、いざというとき使えないなんてことになりかねません…。

それを防ぐために、データ利用は最低でも3GBくらいは欲しいところ。

そんな皆さんにおすすめなのは、

UQmobileの3GBプラン

UQmobileはSNSでデータを消費しないので、LINETwitterInstagramなどはどれだけ使っても大丈夫。

さらに、検索や音楽ストリーミングもデータ消費ゼロで楽しめます。

お子さんが隠れて使っていたとしても、それは許してあげましょう()

勉強に支障が出るようなら、スマホを取り上げるという強行手段に出ることも必要ですが…。

お子さんの連絡手段として格安simを購入したいとお考えの方は、UQmobileがおすすめです!

通話もしっかりできる格安simが良い人

今まではお子さんのためのお話をしましたが、次は皆さんについてのお話です。

大手キャリアと同じく、格安simにも家族割があります。

そのため、皆さんも一緒に格安simに変えてしまった方が、お財布にも優しいですよ!

皆さんは、仕事などではまだ通常の電話を使っていますか?

そうでなくても皆さんのお母さんお父さんにはLINEの無料通話では繋がらないんじゃないですか?

なので、皆さんにはしっかりと通話ができる格安simをおすすめします。

それが、

UQmobileのおしゃべりプラン。

このおしゃべりプランは、国内通話が何度でもかけ放題なんです!

そのため、通話をたくさんする人にはもってこいのプランです。

さらに、UQmobileにはピッタリプランというもう一つのおすすめプランがあります。

こちらは無料通話がついているプランで60分、120分、180分の3種類に分かれています。

このおしゃべりプランとぴったりプランを分かりやすく表にまとめたものをご覧ください。

    価格 通話 データ容量
おしゃべりプラン S 1,980円 国内通話かけ放題 2GB
M 2,980円 6GB
L 4,980円 14GB
ぴったりプラン S 1,980円 60分無料 2GB
M 2,980円 120分無料 6GB
L 4,980円 180分無料 14GB

このようになっています。

ちなみにUQmobileLINEInstagramTwitterなどのSNSではデータを消費しません。

そのため、

  • 普通の音声通話をしなきゃいけない人
  • 通話が主だけど、SNSもよく使う人

そんな人にはUQmobileがおすすめです!

iPhoneで格安simを使いたい人

今の日本では過半数の人がiPhoneを使っているというデータがあります。

しかし、iPhoneを使える格安simは案外少ないんです。

もしくは使えたとしても、iPhone6S6plus、7までしか使えないといったようなところばかり。

最新のiPhoneで格安simを使えるところは一握りなんです。

iPhoneをお使いで流行に敏感な皆さんは、

『古いiPhoneを使うなんて考えられない』のではないでしょうか?。

そんな人におすすめなのが、

IIJmio。通称みおふぉんです。

このIIJmioiPhone8、8plusはもちろん、iPhoneXでも使える希少な格安simなんです!

  • スマホを持つならiPhoneと決めている
  • 最新のiPhoneで最安価格の格安simを使いたい

そんな人にはIIJmioがおすすめです!

お子さんに初めてのスマホを買いたい人

これまでは、今お持ちのスマホで格安simを使うといった前提でお話してきました。

しかし、小学生や中学生のお子さんに初めてスマホを持たせるという人も多いのではないでしょうか?

そこで、最後は、スマホと格安simをセットで購入する場合の最安を紹介します。

そのおすすめのau系格安sim

BIGLOBEモバイルのスマホまる得プラン。

このプランは、音声通話sim・通話90分無or10分かけ放題を選べます。

料金を分かりやすく表にまとめたのでご覧ください。

プラン名 音声通話sim
高速データ通信容量
1年目
プラン月額料金
Sプラン 1GB/月 2,230
S+プラン 3GB/月 2,430
Mプラン 6GB/月 2,980
Lプラン 12GB/月 4,230
2Lプラン 20GB/月 6,030
3Lプラン 30GB/月 8,280

この中でもおすすめは、Mプランです。

月々6GBあれば連絡やSNS、動画もある程度は見れますし、BIGLOBEモバイルにはエンタメフリー・オプションがあります。

YouTubeを良く見るお子さんや、ドラマや音楽好きなお子さんがいらっしゃる人は、
このスマホまる得プランにエンタメフリー・オプションを付ければ、お子さんの好きなことを自由にさせてあげられますよ。

価格に関しても、スマホとセットでこれだけのサービスが充実しているプランでは最安。

お子さんに初めてのスマホを買いたい人には、BIGLOBEモバイルがおすすめです。

最安な格安simはサービスが悪そうなイメージが…

価格が安いことが売りの格安simなので、『サービスが悪い』『通信速度が遅い』というイメージを持たれがちです。

子供に持たせるものといえど、出来ればしっかりしたものの方がいいですよね?

そんな願いをau系格安simしっかりと叶えてくれます。

実はau系格安simは大手キャリアと遜色ないサービスを展開しているところが多いんです。

その逆で、大手にはない自由度の高いサービスを提供してくれる格安simもあります!

そんな格安simのサービス、通信速度について見ていきましょう。

おすすめの格安simはサービスも充実

それぞれの格安simのお話をした際に、様々なサービスについて触れていましたよね?

それらのサービスの中で良いと思ったサービスを3つ紹介していきますね。

UQmobileSNSデータ消費ゼロ

最近の中高生の生活は、SNS中心の生活といっても過言ではありません。

どこかへ行けば写真を撮り、Instagramに投稿。

情報はTwitterから取り入れ、面白い出来事をつぶやく。

そんなのはダメだと思う方もいるかも知れませんが、時代には逆らえないんですよ…。

そのくらいSNSは生活に浸透し、皆さんも関心を置いておかなければいけないものです。

お子さんとの会話についていくのにも重要になってくることでしょう。

そんな生活の一部ともいえるSNSのデータ消費をゼロにすることで、気にせずにSNSを楽しめるようにしたこのサービスは凄く面白いと思います。

もし、Twitterで流行をつかめなければお子さんは、友達との会話に入れなくなるかもしれません。

それが原因でいじめに発展…。

なんて、これはちょっと大袈裟に言いましたが、でもそれくらいに学生にとってのSNSは大切なんです。

UQmobileのSNSデータ消費ゼロのサービスは、
学生のライフラインともいえるSNSを途切れることなく、快適に見させてくれます。

UQmobileのSNSデータ消費ゼロのサービスは、お子さんの学校生活を第一に考えれば重要なサービスですよ!

BIGLOBEモバイルのエンタメフリー・オプション

先ほど今の時代はSNSをよく使うとお話しましたが、同じくらいに使われているのが『YouTube』です。

様々な動画が見れるYouTubeですが、今の若い世代がこぞって見るのが『YouTuber』の動画。

たまに炎上して世間を騒がせますが、若い世代の人気は途絶えることはありません。

そんなYouTubeが、BIGLOBEモバイルのエンタメフリー・オプションでは見放題なんです!

その他にも、音楽ストリーミングサービスやドラマや映画が見放題のU-NEXTでのデータ通信量を気にする必要もなくなります。

このように、BIGLOBEモバイルのエンタメフリー・オプションは今の若い世代こそ必要なサービスですよ!

mineoのフリータンク

最後はめちゃくちゃ便利!というものではないですが、すごく興味深いサービスのご紹介です。

mineoのフリータンクは簡単に説明すると、

mineoユーザーがみんなでパケットを共有できる』サービスです。

すごく便利なわけではないですが、すごく面白いサービスだと思いませんか?

たまたまmimeoユーザーであるという括りだけで、何のメリットもなしに自分が購入したパケットをあげたり、無料でパケットを受け取ったり。

このような関係性ができていて、サービス自体も崩壊していないんです。

本当に面白いサービス、関係性だと思います。

さらに、災害発生時にはその地域の人が何度でもパケットを受け取れます。

募金をする感覚で災害を受けた方を助け、励ますこともできる、たくさんの人の役に立っているサービスなんです。

格安simでも通信速度は速い!

格安simの最大の難点といえば、通信速度だと思います。

朝や昼、夕方には全くつながらないなんてイメージもありますよね?

しかし、今の格安simは使えないほど遅いということはまずありません

中でも、UQmobileは格安sim全体でもトップクラスの通信速度を誇ります。

格安simの通信速度にこだわるなら『UQmobile』『Ymobile』の2択。

と言われるほどの速度なんです。

UQmobileに限っては大手キャリアと遜色ない通信速度を出してくれます!

その他にも、IIJmioBIGLOBEモバイルもある程度の速さを安定して出してくれるので、速度でイライラすることは無いでしょう。

最安でスマホを買って、お子さんの快適な動画鑑賞やスムーズにSNS投稿を妨げたくない人もUQmobileはおすすめです!

まとめ

それぞれの格安simのプランやその価格を紹介しましたがよく分かって頂けたでしょうか?

お子さんに買ってあげる格安simにも大体の見当は付いたんじゃないでしょうか?

スマホの料金は様々なプランがあり、頭がこんがらがってしまうことも多いです。

最安の料金を探すのであればなおさらです。

本ページを見て、それが少しでも分かりやすくなり、皆さんに役立てたのであれば幸いです。

au系格安simでお財布事情を解決して、日々の生活をより良い物にしていきましょう。