iPhone

【コレで安心!】auキャリアのiPhone機種が使える格安simを徹底調査・比較してみた!

格安simauキャリアのiPhoneを使う!

実はコレ、難しいようでポイントさえ押さえれば、めちゃめちゃ簡単だって知ってました?

今や日本のスマホ人口の半数を占める『iPhone』。

端末のデザインや使いやすさ、高性能な機能で人気を集めていますよね。

でもその反面、端末自体が非常に高額なうえに、キャリアごとのプラン料金が暴力的、間違いなく家計を圧迫する1つの要因となっちゃいます。

そこで注目してほしいのが、iPhone×格安simの格安生活!

格安simは携帯代をめちゃめちゃ節約できるものとして注目されてきていますが、まだまだその存在はモヤの中。

全貌が全然見えてきていない!
なんてことが多く、ぶっちゃけ「どこがいいの!?」って思う方も多いはず。

そこでココでは、auキャリアのiPhone機種で格安simを使う時に知っておきたいポイントや、iPhone機種に対応している格安simを徹底調査・比較!

アナタに合った格安simを見つけるお手伝いをしちゃいます!

「格安simで携帯代を節約するために!」
「もうキャリアのプランに騙されない!」

きちんと格安simの全貌を知っておくようにしましょうね。

ざっくり比較!
auのプランと格安simの価格を比べると一目瞭然!

格安simに変更すると、めっちゃ携帯代が浮きます!

「んなこたぁわかってるよ!」
なんて思うかもしれませんね、コレ。
けど、どれだけ節約できるか具体的な金額を言えますか?言えませんよね?

だからまずは格安simauのプランにどれくらいの金額差が生まれるかを実際に見てもらいたいんですよ。

そこで、“auで毎月平均6GB以上使っている人が格安simに乗り換えて同じくらい使うと、どれだけ得するのか”を計算して比較してみたので、ちょっと見てみてください。

  au
(ピタットプラン)
格安sim
(例:mineo
1年目 4,980円×12か月 2,190円×12か月
2年目 5,980円×12か月 2,190円×12か月
2年間の合計 131,520 52,560
差額 78,960

『え、マジで?』って思った方、挙手!
しかもですよ?
コレに加えて、機種代にほかのプランの料金に~なんて色々な金額を含めると…ゾッとしますよね。

数字を見てもらうと火を見るよりも明らか。
どう考えても格安simの方が携帯代を節約できるってわかりますよね?

ちなみに…この差額って、220円くらいのビール1本を毎日飲んだ時とほぼ同額なんですよ。

今までの携帯代をめちゃめちゃ安くする格安simはコレ

ほんとに必要?
auキャリアのiPhonesimロック解除のウソ・ホント

現実的な金額が出て、『ちょっと今から格安simに乗り換えてくる!』なんて思ったそこのアナタ。

ちょっと待って!
お金が絡むとちょっと惑わされがちですが、まだまだ解決しておきたい・知っておきたいポイントはたくさんあります。

第一格安simに切り替えようと思って、『simロックを解除しないと』って思う人も多いはずです。

というわけで、ここからは『auキャリアのiPhonesimロック解除のウソ・ホント』をさらっと紹介しちゃいましょうか!

simロック解除をしないといけないはウソ!

まずはっきりといいますが、auキャリアのiPhoneを格安simで使うために、わざわざsimロックを解除する必要はありません!

確かにaudocomosoftbankのようなキャリアから購入した端末って、他社のsimカードを使うことが出来ないようにロックをかけていました。

(ぶっちゃけめっちゃ迷惑な話ですよね…)

そのため、simロックを解除しなければいけない機種もあれば、simロックの解除をしなくても大丈夫な機種までいろいろとある状態になっているんです。

simロック解除できる機種とできない機種の違いはコレだ!

しかも!
キャリアから購入したiPhone機種の中には、そもそもsimロックの解除が出来ない機種もあるんです!

…といっても、あまりピンときませんよね。

上でもさらっと言いましたが20155月よりも“”に、キャリアから販売されている携帯端末は、乗り換え防止だとか悪用防止だとか言って、simロック解除が出来ないようにしていたんです。

具体的に機種名を挙げると…

iPhoneiPhone6iPhone6 plus
simロックの解除ができない
iPhone6s~今まで販売されていた機種
simロックの解除ができる

こんな感じ。
だからアナタの手元にある、iPhoneの機種と照らし合わせて、simロック解除ができるかどうかはおさえておくようにしましょうね。

simロック解除不要の格安simを見ておく

simロックすれば何がいい?解除を勧める理由の本音

「このままじゃ格安simが使えない!」
なんて思った方、ご安心を!

実は格安simはキャリアの回線を利用しているため、simロック解除の手続きをしなくても、そのまま使えることが多いんです!

そういわれると、なんでsimロック解除をする必要があるのか…ちょっと気になりますよね。

その答えはズバリ!

・ほかのキャリアの回線を使っている格安simにも魅力があるから
・同じキャリアでもsimロックの解除をしないと使えない格安simがあるから

この2つです。

例えば、auキャリアのまま使える格安simって言うと、

UQmobile
mineo(マイネオ)
BIGLOBEmobile

といった3社があげられることが多いですが、ほかのキャリアを見てみると、

LINEmobile
・楽天mobile
DMMmobile など

といった有名どころな格安simも多く存在します。

要はsimロックの解除をしておくと選択の幅が広がるから、推奨しているだけなんですよ。

ただし!
さっきも言いましたが、iPhone6から前の機種はsimロック解除ができないので、auキャリアの回線を使っている格安simに限られます。

でも…au回線を使い格安simでも魅力的なポイントはいっぱいありますし、ほかの格安simに劣らないポイントがあるから、むしろオススメ!

simロックを解除する前に、一度知っておいて損はないと思いますよ!

格安simには何がある?特徴をざっくり見てみよう!

そこでここからは、もうちょっと具体的に格安simにどんなものがあるのかを、特徴を踏まえて紹介しちゃいます!

「どうせ安くなるならもっとお得に!」

なんて思うなら、知っておいて損はないと思いますよ!

メーカー 特徴・オススメする人 回線 simロック解除
必要・不必要
UQモバイル ・高速回線利用可能
・無料通話込みのプラン
・持ち込みスマホの保証サービス
・テザリング可能
・公衆無線LAN(FreeWi-Fi)が無料
・無料お試し期間アリ
au 不要
mineo(マイネオ) ・低容量のプランを契約できる
・ユーザー同士のやり取りを楽しめる
・家族割・複数回線割引アリ
・パケットギフトを出来る
・繰り越したパケット量をシェア出来る
・解約手数料が無料
au 不要
IIJmio ・データ通信と音声通話のバランスがいい
・新製品スマホへの対応検証の情報公開が早い
・みおふぉんダイヤルで通話がお得
au 不要(一部必要)
BIGLOBEモバイル ・通常の電話料金よりも安く電話で切る
・光ネットやWiMAXなどの回線との併用でお得
・データ容量が大きいプランほどお得
・多彩なオプションが充実
au
docomo
不要(一部必要)
イオンモバイル ・業界最安値クラス
・全国に実店舗展開をしている
・プランの充実がスゴイ
・解約手数料がない
au 不要(一部必要)
楽天mobile ・音声料金プランの国内シェアNO.1
・楽天ポイントが貯まる
・かけ放題などの通話プランに強みがある
docomo 必要
DMMモバイル ・料金プランが多彩・安い
・スマホの機種変更が可能
DMMポイントでの還元が出来る
docomo 必要
Y!mobile ・高速回線利用可能
10分までの無料通話可能
・割引サービスが充実
・オプションも充実
softbank 必要
LINEモバイル SNS使い放題
・回線を選べる
LINEポイントがたまる など
docomo
softbank
必要

とまあ、ざっくりと有名どころをまとめてみましたが、このほかにも魅力的な格安simはたくさんあります。

ただ…難点を挙げるとすれば、auキャリア以外の格安simは、確実にsimロックの解除が必要になることと、対応していない機種もちらほらとみられるところですかね。

だからもし、auキャリア以外の格安simを使いたいと思ったら、アナタが今お持ちのiPhoneが、本当に対応しているのかを調べる必要があります。

その点、元々au回線を使っている格安simならすぐに対応できるので、楽な面でもオススメですよ。

どのiPhone機種でもオススメなau回線の格安simはたったの2つ!

そこでここからは、auキャリアのiPhoneユーザーにオススメの格安simを紹介しちゃいたいと思います!

simロック解除にかかわらず、魅力的なポイントがたくさんあるので、気になった方は是非試してみてくださいね。

UQモバイル

auの親会社KDDIが創設しているUQモバイルは、auのサブブランドとしても、ほかの格安simとは違った魅力を醸し出しています。

その魅力の中でも特に強みにもなっているポイントは、なんといっても通信速度の安定性と速さ。

docomo回線の格安simを含めたすべての格安sim最速・安定性に定評があり、通信速度と速さを重視したい方はUQモバイルがおすすめです。

UQモバイルの価格形態はコレが基本だ!

そんなUQモバイルのプランを、ざっくり見ておきましょう

  【基本】
データ高速プラン
【基本】
データ無制限プラン
おしゃべりプラン ぴったりプラン
月額料金 980 1,980 1,980
UQ家族割適用
月額料金
なし(キャンペーン非対象) 1,480
無料通話 なし 15分以内 60/
通話料金 なし(使用不可) 20/30
データ容量 3GB 無制限 2GB14GB

・口座振替対応!支払いはクレカがなくても問題なし!
・テザリング機能が使える(iPhone78は不可)
・キャリアと同等のE-メールが使える
・データ容量の翌月繰り越しや高速/低速の切り替え可能
・容量制限のない無制限プランを選べる
・格安sim業界トップの通信速度と安定性がある

UQモバイルの公式サイトはコチラ

mineo(マイネオ)

次にオススメなのが、mineo(マイネオ)です。
mineo
の特徴は、なんといっても「低価格で大容量を実現」しているところ。

6段階に区切られて容量価格が設定されているので、金額を最低限に抑えながら使っていくことが出来るのはうれしいポイントの1つです。

また、特長としてあげられるのが、ユーザー同士でサポートする独自の仕組みが充実しているユニークなところ。

余ったパケットを家族だけではなく、友人やほかのmineoユーザー同士でシェアすることが出来るようになっています。

mineo(マイネオ)の価格形態の基本はコレだ!

基本データ容量 シングルタイプ デュアルタイプ
500MB 700 1,310
3GB 900 1,510
6 GB 1,580 2,190
10 GB 2,520 3,130
20 GB 3,980 4,590
30 GB 5,900 6,510

au回線で月額最安値を実現
・解約金がないので試し利用としてもアリ
・高速通信と低速通信の切り替えが可能
・ユニークな機能が充実していて使っていて面白い
・サポートサービスが充実しているので何かあっても安心

mineoの公式サイトはコチラから

どう選ぶ?格安simを選ぶときにめちゃめちゃ注視しておきたいポイント

さて、色々と格安simについて紹介してきました。

…が正直なところ、魅力的な格安simがありすぎるせいで、『結局何がいいの!?』なんて思う人も多いと思うんです。

そこでここからは、
【初めて格安simを使う時に注視しておきたいポイント】

皆さんに紹介しちゃいましょう!
ちょっと気になっていた方、必見ですよ。

simロック解除が前提かどうか

第一に考えてほしいポイントがコレ。
simロックの解除をしなくてもイイんでしょ!?」

なんて思った方は、au回線を使っている格安simを選ぼうと思っている方や、そもそも使いたいiPhone6以前の機種かつ、auキャリアのものだという方だと思います。

その方はこのポイントを見なくても大丈夫です。
ただ、auキャリアのiPhone6s以降の機種で格安simを使う場合は、simフリーにする必要があるのかどうかは調べておいて損はないと思います。

価格と目的の両立がとれているかどうか

そのうえで注目してほしいのがコレ。

『アナタはなんで格安simを使おうとしていますか?』
ここでもう一度思い出してみてください。

そして、そのうえで『使いたい格安simはアナタの要望に沿っているかどうか』と照らし合わせてみることが、本当に自分に合った格安simを選ぶためのポイント。

通話を重視したいのか、それともデータ容量を重視したいのかも大事ですが、自分の生活の中でどんな時に携帯を使っているのかを振り返ってみながら格安simを選ぶようにしましょうね。

iPhone機種ごとにsimカードの種類を知っておこう

…で!
au
キャリアのiPhone機種で格安simを使うなら、このポイントを見逃したら失敗します!

実はauキャリアのsimカードには、

nano SIM(LTE)
au VoLTE対応SIM

このように2種類のsimがあるんです。
ぶっちゃけコレ、超厄介!
この2種類のsimカードがあるせいで、simロック解除をする必要がある機種と、しなくても正常に動く機種に分けられてしまいます。

それぞれに特徴があるにはあるのですが、話が長くなるし余計話がこんがらがってしまうだけ。

というわけで、早見表を作っちゃいました!

simカードで使える機種早見表
simロック未解除状態で使えるかどうか)

機種 simの種類
nanosim(LTE) au VoLTE対応sim
iPhone X ×
iPhone 8/8Plus ×
iPhone 7/7Plus ×
iPhone SE ×
iPhone 6S/6S Plus ×
iPhone 6/6 Plus ×
iPhone 5S ×
iPhone 5 × ×
iPhone 4S × ×

au系の格安simを提供しているsim事業者と提供状況

業者 simカードの提供状況
nanosim(LTE) au VoLTE対応sim
UQモバイル
mineo(マイネオ)
IIJmio(みおふぉん) ×
BIGLOBEモバイル ×
イオンモバイル ×

自分が使いたいiPhone機種と照らし合わせながら、使えるものがあるのかどうかを見極めちゃってくださいね。

超気軽に格安simに乗り換えるなら

プランの形態も覚えておいて損はない!
自分に合わせたプラン選びをしよう!

さて、ここまではauキャリアの各iPhone機種に対応している、格安simについていろいろとお話をさせてもらいましたが…。

肝心要。
プランの話、したいと思います。

結構色々なことをかみ砕きながら紹介してきたつもりですが、ぶっちゃけわかりにくいところも色々とあったはず。

でも…ここから先の話はもっとめんどくさいしめっちゃめちゃ迷路のような状態です。

格安simの売りって安いことでもあるんですが、実は『シンプルなプラン設定』になっているのもポイントの1つだと言われています。

それでもちょっと小難しいのが現状っちゃ現状です。

しかし!
大まかなプラン携帯をざっくり押さえておくだけでも、自分に合わせた格安simを選ぶ基準にもつながりますよ。

無料通話+データ容量がセットになっているプランパターン

まずはコレ。
大手キャリアとほぼ変わらないプラン形態にはなっています。

じゃあなんで低価格が実現しているのか…

それはズバリ『回線』と『データ容量』にあるんです。

というのも、上でもちらほらと紹介していますが、格安simって大手キャリアから回線を安く回してもらうから、回線速度が大手よりもちょっと遅くなります。

そのうえで、データ容量を少なくすることで、低価格を実現しているんですよ。

・キャリアは格安sim提供業者に回線を分けている
・その分通信環境がちょっと悪くなるから安くしている
・そのうえでデータ容量を少なくするから低価格が実現する
・かけ放題プランが増えてきて、お得度が高まっている

・キャリアメールが使えない
・キャリアよりも通信速度がちょっと遅い
LINEID検索ができない など
ちょっと注意することは在りますが、こんなの慣れたもん勝ちです。

ちなみに…
このプランパターンでも、データ容量が多いプランも存在しています。

その場合は、“機種の価格分の差額”で差別化を図っていたりするんですよ。

データ容量のみのプランパターン

そしてもう一つが『データ容量』だけに限定して、プラン展開をしているパターン。

早い話が「電話が必要なければこっちの方が得になる」プラン内容です。

そのため、2台目スマホやタブレットとしての利用や、節約のために通話アプリで代用するといったときは、確実にこっちの方がお得!

・通話料金0なのでさらに安い!
2台目スマホ・タブレットとして利用するならこっち
・大容量のプランにしてもキャリアのプランと比べて超安い!
・超シンプルな料金形態で戸惑う心配なし!


・電話をしたい方はオプションで付ける必要がある
・オプションのつけすぎでこんがらがることがある

まとめ

auキャリアのiPhoneを格安simで使うことを考えると、正直今まで知らずにいても大丈夫だった情報までを頭に入れなきゃいけないので、ちょっと頭がこんがらがります。

でも、きちんと正しい知識を取り入れて、自分に合った格安simを見つけることが出来れば、携帯代を今の半分以上も節約することだってできるんです!

節約して貯めたお金をどう使うかあなた次第!
是非今から格安simに乗り換えていきませんか?