iPhone

【コレでアナタの携帯代が格安に!】auのiPhone6を格安simに変更する方法とは

「今の携帯代が高すぎる!機種代払いきったのに!」
「使ってないiPhone6があるから復活させたい」

などなど…今お使いの携帯に不満を持っていたり、夢の2台持ちにちょっと憧れていたりする方、挙手!

今こそ格安simに切り替えて携帯代を最低限にして、趣味に投資をしませんか?

格安simは何かと便利。
…なんですが、“何かと手続きが面倒だし、どこが一番いいのかわからない!”なんて思う方も多いと思うんです。

そこで今回は、『auキャリアのiPhone6を格安simで使うために知りたいこと』をテーマに、色々とお話しちゃいます!

ちょっと気になっていた方、必見ですよ!

auiPhone6は格安simの恩恵を受けることが出来るの?

「そもそもiPhone6で格安simを使うことが出来るの?」

なんて思った方もいたかもしれません。
そこでまずは、この疑問について徹底考察してみましょう!

au版のiPhone6sim解除ができない!?これってホントなの?

先に結論から言っちゃうと、auキャリアだけじゃなく、docomosoftbankなどの大手キャリアのiPhone6sim解除はできません!

というのも、実は20155月以前に販売されていた携帯端末って、まだsimロック解除が義務化されていなかったため、乗り換え防止のためにsimロックを解除してもらうことが出来ない設定になっているからなんですよね。

そういわれると、結構ショック…だと思ったアナタ!

安心してください!
sim
解除ができないからといって、格安simが使えないわけではないんですよ。

simロック解除が出来なくても格安simに乗り換えることはできる!

そこで注目したいのが、simロックがかかった状態でも持ち込み利用が出来る、au回線の格安simを使うことです。

正直な話、それだけが格安simで携帯代を浮かせる唯一の方法になりますよ。

格安simに乗り換えて携帯料金をもっとおトクに!

auキャリアのiPhone6が使える格安simはどこ?プランを比較してみた

ここからはもっと具体的に、auキャリアのiPhone6が使える格安simについて紹介してきましょう。

といっても、実はiPhone6が使える格安simは、

UQモバイル
mineo(マイネオ)

こんな感じで、たったの2社だけなんですよね。

そこで、この2社のプランについて、ざっくり比較してみましょう!

UQモバイルのプラン

まずはUQモバイルのプランについてざっくりと見てもらうために、簡単な表にまとめてみました!

  おしゃべりプラン ぴったりプラン シンプルな料金プラン
月額料金 1,980円~ 1,980円~ 980円~
通話料金 20/30
無料通話時間 15分未満なら何度でも無料 毎月60/ なし
データ容量 2GB 2GB 3GB

UQモバイルの特徴とはしては、CMでもお馴染みの通話とデータが、色々コミコミで1,980円から使えることが出来るのが人気の理由です。

また、テザリングが使えることもほかの格安simにはないメリットの1つ。

早い話が、iPhone6としてだけではなく、ちょっとしたポケットWi-Fiとしても使えるのが魅力的なポイントってワケですね。

UQモバイルのプランをもっと詳しくみてみる!

mineo(マイネオ)のプラン

次にmineo(マイネオ)のプランについて、簡単に見てみましょう。

  シングルタイプ
(データ通信のみ)
デュアルタイプ
(データ通信+音声通話)
月額料金 700円~ 1,310円~
通話料金 20/30
データ容量
(基本データ容量は毎月25日までであれば無料で変更が可能)
500MB
3GB
6 GB
10 GB
20 GB
30 GB

mineoは料金とサービスのバランスが良く、選択できるパケット(データ量)が多いのが特徴的で、自分の使い方に合わせた料金プランを選ぶことが出来ます。

しかも、データ量の分け合いシステムに優れていて、家族だけではなく友人やその他のmineoユーザー全員とデータの訳合いが可能になっているユニークなシステムも人気の1つになっているんですよ。

mineo(マイネオ)のプランをもっと詳しくみてみる!

どっちがおすすめ?iPhone6を格安simに切り替えるときに知っておきたい損と得

ここまでで、UQモバイルとmineoの両方の格安sim会社の価格を見てきましたが…正直な話、『結局どっちがおすすめなの?』って思いませんか?

そこでここからは、両者のメリットやデメリットを比較して、アナタに合った格安simを見極めていこうじゃありませんか!

UQモバイルのメリットデメリット

というわけで…UQモバイルのメリットとデメリットを簡単にまとめてみました!

メリット デメリット
・データ量と通話料金のバランスがいい
・回線速度が格安sim中最速
・テザリング機能が使えるので2台使いしやすい
Wi-Fiスポットが6万箇所以上ある
iPhoneセットの販売も行っている
・料金が2年目から若干上がる
・基本的なデータ容量が決まっている
・サポートが定番で普通
2年の契約縛りがある
・メールアドレスが月額200円かかる

こうしてみてもらうと分かりますがUQモバイルって、回線速度が早い反面、料金面でちょっと難色がありそうなイメージですね。

契約縛りもありますし、2年目から料金が若干上がるのも何とかしてもらいたいところ。

ただ、『通信速度』の面ではかなり魅力があります。

回線速度が格安sim中でも最速で、しかもUQモバイル専用のWi-Fiスポットがめちゃめちゃ多いので、通信制限になることも少なそうです。

mineoのメリットデメリット

次にmineoのメリットとデメリットについて見ていきましょう。

メリット デメリット
・料金を自分好みに設定できる
・データ量の切り替えが簡単にできる
・契約の縛りがない
・サポート満足度は格安sim中でNo1
・初心者におすすめ
・データ量によって料金が格安simにしては高い
・回線速度は普通
・テザリングが使えない
・専用のWi-Fiスポットがない

こうしてみると、mineoって圧倒的なデータ量の多さや、共有パケットタンクのシステムがユニークで面白いのですが、その反面データ量によって金額がそこそこかかってしまいますし、テザリングが使えないうえに、回線速度もそこまで早くはない。

でも、契約の縛りがないのでいつでもやめることが出来ますし、サポートが充実していて満足度が高いのは最初に契約するときにはうれしいポイントになります。

結論!どっちがおすすめ?

UQモバイルとmineo、両者のメリットデメリットを見てもらいましたが、個人的な解釈で話をすると、オススメなのは『UQモバイル』です。

そもそも、格安simって『安いけど、通信速度がめちゃめちゃ遅い』のが特徴的なもの。

最近youtubeやスマホゲームで通信容量がガンガン食われている中で、通信速度が遅くて困ることは圧倒的に多いです。

その点UQモバイルなら、爆速の通信速度でガンガン使っていくことが出来ますし、プランを選べばデメリットとなることもありません。

早い話昔以上の安さで、“auで使っていたころと同じように”iPhone6を使っていくことが出来るってワケ。

そう考えると、ちょっと使ってみたいと思いませんか?

気になる?もっと格安simについて見てみるなら

まとめ

『今よりも携帯代を浮かせる!』
そう考えている人にとって、格安simは救世主のような存在!

でも、機種によってはその恩恵を受けることは難しかったりもするんですよね…。

今回紹介したiPhone6も実は、選ぶ格安simが限られています。

でも、逆に考えると『あれこれ悩む必要がない』ワケです!

UQモバイルとmineo、どっちを選ぶかはあなた次第ですが、オススメはUQモバイルを使うことですよ。

是非参考にして、携帯代を浮かせちゃってくださいね。